気まぐれ!気学。

九星占い師になろう!

鑑定家になれる生まれと、なれない生まれ

生まれによって鑑定家になることができる人とできない人がいます。

 

鑑定はできても、プロとして鑑定できない人。

鑑定は下手くそでもプロとしてやっていける人。

 

色々なタイプが占い師にもあります。

 

九星では、九紫と六白を命式の中に持つ人は鑑定家になれます。

ふたつあれば、かなり儲けることができると思います。

 

命式の中にこれらの星がない人は、趣味で鑑定するのが良いと思います。

 

 

 

田口真堂先生のお弟子さん?

 

ちょっと面白い本なので紹介しておきます。

おそらく田口真堂先生の弟子にあたる人だろうと思います。

祐気取りについて、わりと際どいことを書いてある。

 

これ、発表していいものだったのでしょうか?

お勧めはしませんが、こんなことを実際にやっていたのだろうなぁ。

 

8月ですね

8月は庚申です。金気が旺せいな月。

金気は冷気を呼びますので、涼しさが増してくるといいな~と思います。

戊戌は土気です。

まあ、戌は三合火局の墓にあたりますね。最後の火で勢いは衰えつつも悪あがきという感じでしょうかね。

 

海外じゃ山火事なんてのものある。

 

面白いな~と思うのはウナギが売れない。

ウナギは土気でしょうから、これだけ暑さが厳しい時期、つまり火が旺じている。

火は土を生みますので、土気が盛んになってもよさそうなんですがね。

戌は金気の土だからでしょうね。金気は水気を含みます。

 

さて、今年の冬は寒暖が激しいかもしれません。火局と水気のせめぎあいです。

どうなることやら。

 

二黒土星

二黒土星、特に日命二黒の人は人を信用しやすい。

よく騙されます。

 

二十年ぐらい前の話ですが、ある美容師さんが日命二黒の人でした。

男性に結婚を餌にだまされ、別の男に貸したお金を踏み倒され。

日命二黒の女性は、とにかく注意してください。

信頼のおける友人に必ず相談することです。

 

 

2019年版 二黒土星 (九星運勢占い)

2019年版 二黒土星 (九星運勢占い)

 

 

一白水星

一白の人の傾向は「人見知り」なタイプが多いです。

人との間に距離をとります。

 

ところが、自分に害を加える相手ではないとわかると、ベッタリとくっついてきます。

 

私は本命が四緑なので、一白の女性を意識して観察することが多いのですが、最初の距離感がとれた瞬間から、甘えるように近づいてきますねぇ。

 

情に流される傾向が強いのも特徴です。五黄なども情にもろいところがありますが、ズルズルと流されていくのは、一白が多いようです。

覚悟が出来てないのに流されますので、悪い人につかまるとわかっていても、犯罪に手を染める結果となる可能性があります。

 

ご注意を!

 

 

2019年版 一白水星 (九星運勢占い)

2019年版 一白水星 (九星運勢占い)